きゅうり苗の植え付けスタート

今年もきゅうり苗の植え付けが始まりました!夜間は雪がちらつきまだまだ寒い秋田県美郷町です。加温して育てるのでゴールデンウィークには出荷が開始です。土の状態も苗の状態も良好、理想的なきゅうりづくりができそうです。今年も野菜に寄り添いきゅうり本来のおいしさを表現できたらと思います。

はじめての法人税とICT

みなさんこんばんは、相変わらず肩書きだけが立派なたかはし農舎代表のたかはしようせいです。
最近は農作業の傍ら勉強会に参加したり相変わらず忙しくしております。
昨日はあきたアグリブリッジフォーラムに参加して来ました。
とても素晴らしい内容で今後の農業には必ず必要な農業ICTのお話しでした。深く説明するときりがないのですが営農計画作成、実行をPC、スマホ、農作業機械などと情報共有し現場の生産性をあげるシステムのことなのかなあと思いました。また収穫ロボットなどの技術もそれに含まれると思います。
僕自身まだ農業のデータ管理をエクセルでしているので近い将来もっときちんとしたデータ運用、連携がとれたら農業がより良いものとなると感じました。
また今日は税理士さんとの打ち合わせで法人税が確定しました。
法人税ってなんだべ〜からはじまり黒字でも赤字でも納めね〜ばダメなんだぞ〜ということを学びきちんと期日を守り納付に行ってきます。
きゅうりもそろそろハウスに植え付ける時期になってきました。
引き続き精進していきたいと思います!

ICTとは(以下引用)

ICTは「Information and Communication Technology(情報通信技術)」の略で、通信技術を活用したコミュニケーションを指します。情報処理だけではなく、インターネットのような通信技術を利用した産業やサービスなどの総称です。

ICTは、ITに「Communication(通信、伝達)」という言葉が入っており、ITよりも通信によるコミュニケーションの重要性を強調しています。単なる情報処理にとどまらず、ネットワーク通信を利用した情報や知識の共有を重要視しています。スマートフォンやIoTが普及し、さまざまなものがネットワークにつながって手軽に情報の伝達、共有が行える環境ならではの概念です。

はじめての決算とこだわりの土づくり

こんばんは!去年農業法人を立ち上げ肩書きだけが立派なたかはし農舎代表取締役のたかはしようせいです。

わたくしごとですが二年前に初めて確定申告を体験し去年農業法人を立ち上げ第一期目の決算を迎えています。農業法人を立ち上げ経理はどうするんだろー?税理士に丸投げできるのかなーとか考えていましたが弊社にはそんな至れり尽くせりの契約をできるほどの余裕もなく農業簿記を使い自分で経理を行っています。

確定申告も不慣れ、経理はもっと不慣れ、さあどうしよう?実際、法人にしてからの半年は税理士に質問しまくりの指導されまくりでした!でも上半期の経理データをまとめているときに月々のお金の流れが明確にわかり経営分析がしやすいことに気が付きました。元々分析が好きなのでこれは楽しかった。個人事業主で農業をしているときとはまた違う角度、目線で物事をとらえることができるようになりました。第一期目の決算はなんとか黒字で終えることもでき農業法人を作ると同時に経営方針、作業工程の変更をしたにもかかわらずついてきてくれた周りのみんなには本当に感謝しています。

決算と同時期に行っているのがの土づくり、毎年1月~2月末に行っております。土の健康が野菜の健康に繋がり安心安全なひと味違う農産物が育まれます。ホームページ内の『たかはし農舎のこだわり』というページで菌類に重点を置いた土づくりの紹介をしていますのでので是非ご覧ください。今年も4月上旬にきゅうりの植え付けが始まります。あっ、その前に個人の確定申告があるか!未だに不慣れですが引き続き精進していきたいと思います。

今期のほうれん草出荷終了のお知らせ

たかはし農舎のほうれん草は今期の販売を無事に終了致しました。
相変わらずたくさんの方にお世話なっており、販売を通しての出会い、新たな学びなど貴重な体験をさせて頂き感謝の気持ちでいっぱいです。また今期から体制が大きく変わったのに一緒になって頑張ってくれた従業員には本当に感謝しています。周りに支えられなんとか自分の思い描く農業ができていると感じる日々です。これから法人になってから初めての決算&きゅうりに向けての土づくり、やる事がいっぱいですが引き続き頑張りたいと思います。

たかはし農舎ほうれん草、本格的な出荷開始

たかはし農舎のほうれん草は本格的な出荷がスタートいたしました。晩秋には霧がかかる強烈な寒暖差、同時に天候にも恵まれ今年もたかはし農舎が目指すほうれん草を育てることができております。雪国育ちのじっくりゆっくりうまみをたくわえたえぐみのないほうれん草、やわらかく繊細な中にほうれんそう本来のおいしさが光ります。安全でおいしいほうれん草で家族の健康と笑顔のお手伝いができれば幸いです。

 

日々の学ぶ姿勢

たかはし農舎では毎年様々な農法の研究、栽培をしております。想いだけでは安全でおいしい野菜はつくれないと思い日々学ぶことを心がけております。近年のテーマは有機肥料が作物に及ぼす影響です。作物が大きく育つために必要不可欠なのが有機肥料が分解されてできる硝酸態窒素なのですがその数値が野菜に与える影響を考えます。今回の条件は化学肥料不使用、圃場栽培期間中農薬不使用で育ててみました。

硝酸態窒素が分解されまず野菜内部をかけめぐるのが硝酸イオンなのですが濃度が高いと大きくなりますが虫が寄りやすくなるようで逆に硝酸イオン濃度が低いと野菜は小さく虫も寄りにくくなるようです。ということは雑草と同じ硝酸イオン濃度になれば虫は寄らないのではという見解です(笑)野菜が順調に大きくなりながら虫も寄りにくい硝酸イオン濃度の数値をみつけるのが次のステップになりそうです。考えてばかりではお腹がすくので野菜に感謝していただきました。もちろんおいしかったです。

今回改めて学んだのはスタートの土づくりの重要性です。適正な肥料の量が大事で定植時に畑にどれだけの肥料分が残っているかが重要です。私たちのような施設で野菜づくりをする方は特に気を付けるべきだと思います。

たかはし農舎がつくる野菜は有機肥料の量は必要最低限に抑えます。加えて土壌の菌類も充実させます。人間と一緒で必要な栄養素と量があるので野菜に寄り添って条件を整えてあげることが大事だと考えます。なんだか子育てと似ていますね。常に寄り添い健康に育った野菜は本当のおいしさを教えてくれます。

安全でおいしい野菜で家族の健康と笑顔のお手伝いができれば幸いです。

たかはし農舎

今期のきゅうりの出荷終了のおしらせ

たかはし農舎のきゅうりは本年の販売を無事に終了致しました。
法人としてスタートしてから半年、たくさんの方にお世話なり販売を通しての出会い、学ぶ機会など貴重な体験をさせて頂き感謝の気持ちでいっぱいです。
来年もきゅうりに寄り添い皆様に喜ばれるよう日々精進して参りますので来年度もたかはし農舎のきゅうりをどうぞよろしくお願い致します。

今期の星、ハートきゅうりの出荷終了のおしらせ

たかはし農舎の星きゅうり、ハートきゅうりは本年の販売を無事に終了致しました。
本年もたくさんの方にお買い上げ頂き感謝の気持ちでいっぱいです。
来年も皆様に喜ばれるよう一本一本気持ちを込めてつくりたいと思いますのでどうぞよろしくお願い致します。
#たかはし農舎 #秋田県美郷町 #星きゅうり #ハートきゅうり

たかはし農舎の地域貢献活動④

本日は地元小学校の社会見学。
きゅうりハウスに実際に入ってもらい農業やきゅうりのことを一緒に考えたりしました。
また星きゅうり、ハートきゅうりがどう育つのか実際に観ていただきました。
あっという間でしたが楽しい時間を過ごさせていただきました(^^)
地域貢献と農業のみらいをつくるのが私達の仕事です。

※写真の許可は頂いております。
#たかはし農舎

たかはし農舎の地域貢献活動③

本日は地元美郷中職場体験の最終日。
3日間本当によく頑張ってくれました。
最終日は星、ハートきゅうりの型の取り付け作業。
実際に店頭に並ぶ商品ということもあり慎重に取り付けておりました。
農業の楽しさ、魅力、農業をする上で大切していることなど色々なことを学んでいただきました。
これからも地域貢献と農業のみらいをつくるのが私達の仕事です。